So-net無料ブログ作成
検索選択

寝るだけダイエット [ダイエット]



スポンサード リンク




素敵女子の皆様へ[揺れるハート]


運動が苦手なあなたにぴったりのダイエット法を紹介します。




その名も

”寝るだけダイエット”







寝れば痩せてキレイになるって本当!?

無理なダイエットでリバウンドを繰り返すと、顔にも体にもシワやたるみが増えて、老化を早める原因になります。

そこでオススメする、「老けない、失敗しないダイエット法」は「寝るだけダイエット」。育ち盛りの子供なら「寝る子は育つ」と言われますが、成長が止まった大人なら、「寝る大人は痩せてキレイになる」ものです。特別な運動や食事制限もせずにリラックスしてぐっすり眠るだけの、ストレスのない楽しいダイエットをしましょう。





よく寝て便秘を解消、美肌にも

ダイエットに一番大切なのは「質のよい眠り」。なぜ眠りがダイエットに効くのでしょうか?

まず単純に、「寝ている間は食べることができない」ので、余分なカロリーを摂り過ぎることがありません。
さらに寝ている間には、胃や腸が活発に働いて、食べたものをしっかりと消化吸収してくれるので、腸の環境を整えてダイエットの大敵である「便秘を解消」してくれます。

また眠っている間には、たっぷりと「成長ホルモンが分泌」されるので、肌をはじめとする全身の細胞の新陳代謝を規則正しく行なわれ、古い細胞から新しい細胞へとうまくバトンタッチできるのです。

深く眠っているときには、自律神経のうちのリラックス神経と呼ばれる副交感神経が働くことで、血管が拡張して、体の隅々の毛細血管まで血液が流れて、それと一緒に栄養や酸素が運ばれます。

これによって、細胞の活動が活発になり、新しい細胞と入れ替わりができるようになります。睡眠不足が続くと肌コンディションが悪くなるのも、肌の代謝、つまりターンオーバーが遅れる事が一因です。





よい眠りで食欲を抑え、満腹感を感じやすく!

ダイエットの時にストレスなのが食欲との闘いです。食欲をコントロールするホルモンには、食欲を高める「グレリン」と、食欲を抑える「レプチン」があります。

睡眠時間が6時間未満になるとグレリンの分泌が増えて、レプチンの分泌が減り、食欲が高まって、満腹感を感じにくくなります。

米国シカゴ大学の研究でも、平均5時間半の睡眠では、平均7時間半の睡眠に比べて脂肪燃焼効果が半減するという結果が出ています。睡眠不足ではせっかくのダイエット効果も半減してしまうのです。






質の良い眠りで、スイーツ依存症ともお別れ?

いい睡眠をとると、セロトニンという物質が脳からたくさん分泌されます。セロトニンは幸福感や満足感を高めてくれるリラックスするために欠かせないホルモンです。

実はこのセロトニンは甘いものを食べても分泌されるので、ストレスを感じたときについケーキやチョコレートに手が伸びて、カロリーオーバーになりがちに。
スイーツに目がない人も、ぐっすりと眠ることで、少しずつ甘いものを控えることができるはずです。





眠る3時間前までに食事を済ます

まず第1に食べてすぐ寝ないこと。できれば眠る3時間前までに食事を済ますべき。食べてすぐ眠る生活では、胃もたれやむかつきなどが起きやすいので、注意しましょう。

それ以上にまずいのは、食後には急に血糖値が上がり、そのままの状態で寝てしまうと、血液の中に糖がタップリと含まれたままの状態になり、血管を汚したり傷つけたりする原因につながるからです。






夕食後に10分間の早歩きを

食べてすぐ寝ると、使われなかった糖が中性脂肪に換まり脂肪細胞に取り込まれてしまい内臓脂肪が増えるので、いわゆるメタボになりやすいのです。

これを防ぐためには、夕食後にテレビでも見ながら軽く食休みをしたら、10分でもいいので、歩くことです。近所を散歩したり、朝食の買い物に出たり、それが嫌なら、テレビを見ながら足踏みするだけでもOK。できれば少し早歩きをすると、食べたもののエネルギーが燃焼されて、血糖値が安定します。





腹八分目で、タンパク質と食物繊維を豊富に

夕食は、お腹いっぱい食べずに、腹八分目をめざしましょう。特に血糖値を上昇させやすいご飯やパン、うどんなどの炭水化物は控えめにして、セロトニンの原料となる「トリプトファン」というアミノ酸を含む肉や赤身の魚をカロリー過多にならないように食べましょう。あわせて、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維が豊富な野菜をたくさん摂りましょう。特にきのこ類は食物繊維が豊富な低カロリー食品なのでおすすめです。
体が冷える生野菜よりも、こぼう、ブロッコリー、にんじん、大根、タケノコなどを蒸したり茹でたりした温野菜がおすすめです。





ぬるめのお風呂でリラックス

40℃のお風呂にゆっくり入ると、副交感神経の働きが高まって、血管が広がり、筋肉も柔らかくなって、体のコリをほぐれリラックスできます。

ただし、熱すぎるお湯に入ると、交感神経が働いて、血管が収縮してしまい、筋肉も緊張するので、ストレスが増し、リラックス効果がなくなってしまいます。お風呂の温度には十分注意してください。





暗くして眠りメラトニン分泌促進

眠るときには、部屋を暗くすると、良い眠りに導いてくれる「メラトニン」という物質が分泌されます。テレビやパソコンの画面をつけっぱなしにするの、安眠ホルモンであるメラトニンの分泌を邪魔するので、つけっぱなしで眠るのは避けましょう。また眠る直前まで明るい画面を見ていると脳が覚醒して、寝付きが悪くなるので、寝る前のPCチェックや携帯メールにも注意してください。




スポンサード リンク






朝は太陽の光で目を開く

朝、目覚めるときにはできれば朝の光を感じるようにしましょう。目覚まし時計で起きたら、1分だけでいいので、カーテンを開いて太陽の光を感じてください。紫外線による肌老化も1分程度なら大きなダメージを受けません。朝の光は目から脳に伝わって、セロトニンの分泌を盛んにして、明るく、心地いい目覚めを感じさせてくれます。





朝食は必ず食べる

そして1日のエネルギーを補給するために、朝食を食べましょう。たくさん食べる必要はありませんが、できれば朝、すっきりと排便できるようにするために、脳や体のエネルギー源になる炭水化物やビタミン、ミネラルを含んだ朝食を摂りましょう。

ご飯、塩分控えめの味噌汁、納豆、焼き魚の伝統的な和朝食にサラダ、ヨーグルトなどをつけると理想的。自分で作るのが面倒ならば、外食でもコンビニ食でも大丈夫。朝食が食べられないときは、ゼリー飲料やヨーグルトだけでも構いません。とにかく朝御飯を抜いてしまうと、昼食や夕食を食べ過ぎてしまったり、脂っこいものが食べたくなってしまうので、注意しましょう。





どんなダイエット法よりも睡眠が大切

よく眠り、いい一日をスタートさせることが、勉強や仕事をアクティブに効率的にこなして、健康で充実した毎日を送ることの基礎になり、それが健康的なダイエットの近道なのです。

どんなダイエット法に挑戦するよりもまず、自分の睡眠習慣を観直して、睡眠の質が低下しないように心がけることが大切なのです。





よい眠りを心がけて素敵女子に[黒ハート]



男子をドキッとさせる仕草ランキング
http://bit.ly/19pXggU

痩せる!1週間ダイエット
http://bit.ly/1eUCiz8

美髪になるヘアケア方法
http://bit.ly/14evsO9

通販サイトのまとめ
http://bit.ly/19d1k4a

お洒落で簡単な朝食レシピ
http://bit.ly/14evsO9

ホホバオイル
http://bit.ly/16h0aDR


スポンサード リンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。